fc2ブログ
2023年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2022.12.17 (Sat)

東京出張

二か月連続での出張
先月は月末に広島出張だったのですが、今回は東京へ
関連団体のパーティー参加と翌日に幕張メッセで開催される展示会見学が
主な内容なのですが、まぁ1泊2日の気楽な出張なのですよ

初日のパーティーが帝国ホテル東京で18:00からなので、神戸をお昼過ぎに出発。
政治資金パーティーほどではないですが、参加人数に比べて料理が少なく、
ブッフェスタイルのパーティーなので、料理コーナーに列ができてしまって
思うように食べることができません
まぁ、想定内なのでパーティー終了後に宿泊先の近所で一杯やるか、と
とりあえずメインの来賓に挨拶してからさっさとパーティー会場を後にしましたww

今回の宿泊先はJR神田駅近くのビジネスホテル。
チェックインして早速周辺散策ww
とはいえ、準備のいいぬまおさんですから事前に目星をつけていたお店へ
JR神田駅の西口すぐ、「西口商店街」に入ったところにある「肉汁餃子のダンダダン」さん。
以前メディアで取り上げられていて気になっていたのですよ

東京を中心店舗展開されていて、兵庫県は西宮、大阪にも2店舗あるようなのですが
たまたま今回、宿泊先から近かったので伺うことにしました。
店外から中が良く見えるのですが、結構な繁盛ぶり
老若男女、さまざまな客層で賑わっていました。

あまり1人客はいないようなのですが、「旅先」なのでそんなことは気にせず入店ww
とりあえずの生ビールと店名にもなっているコチラを
ダンダダン(肉汁餃子)
肉汁焼餃子 526円(税込)
6ヶで526円ですからそこそこのお値段なのですが、一つが結構大きいのですよ
皮がぶ厚めで食べ応えがあります♪
「肉汁」と謳っているだけあって、気を付けないと噛んだ時に「肉汁ブッシャ―」ってなりそうwww

店舗数が多いだけにセントラルキッチンでの大量生産でしょうけど、味はなかなかです。
ダンダダン(肉汁)
具も野菜より肉の方が多いですね。

生ビールを追加して、アテをもう一品。
ダンダダン(油淋鶏)
パリパリ油淋鶏 768円(税込)
パリっと揚がった鶏モモ肉6~7ヶに特製の油淋ソースがかかって、
トッピングにはオニオンスライス&糸唐辛子。
コチラ、中華料理っぽいアテが充実しているのですよ。(まぁメインが餃子ですもんねww)
麻婆豆腐も推しのようで、他のお客さんの多くが注文されていてぬまおさんも魅かれたのですが、
ビールにはやっぱり餃子と揚げ物ですよね~www
ただ、1品に結構ボリュームがあるので、やはり複数人で来る方がいいお店のようです。

結局生ビール3杯とアテ2品をいただいて、少しお腹に余裕を残しながら会計へ。
お会計は3,000円弱なので、ちょい高めかなとは思いますが内容的には満足です。

余談ですが・・・
めちゃ目配り気配りのできる若い男性店員さんがいて、他の女性アルバイトスタッフに
的確に指示を出して、自分自身も明るくキビキビと動かれているのに感心しました。
ちょうどその店員さんが会計をしてくれたので、周辺状況にも詳しいかと期待して
「ごちそうさま。この近くで一番美味しいラーメン屋さんってどこ?」と聞くと
「“わいず”っすね。」と即答。
「この時間空いてるかな?」というぬまおさんに対して、
「調べてみますね」と自分のスマホを出しかけたので、
「いいよ、いいよ、ありがとう。とりあえず行ってみるから」と、さすがに遠慮すると
親切にお店の場所(というかすぐ近くだったので、店の目印)を教えてくれました
日本の若者も捨てたもんじゃないな、と感動に浸るおぢさんなのでしたwww

で、この後店員さんオススメのラーメン屋さんへ・・・。
これは次回のお楽しみ、ということで

ごちそうさま


肉汁餃子のダンダダン 神田店
東京都千代田区内神田3-12-2 萬創神田ビル1階
営業時間:11:45~23:30(L.O.23:00)
  ※平日は15:00~16:00の間クローズ
定休日:なし




スポンサーサイト



10:28  |  旅行(国内)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://numaosan.blog103.fc2.com/tb.php/1613-77b09593

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |