2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.02.23 (Mon)

京懐石美濃吉本店 竹茂楼(京都市左京区)

今日はある会合で京都へ会合のあとの会食は、普段ぬまおごときが絶対に入ることができないような高級店へ

京懐石美濃吉本店 竹茂楼さんへ。
CIMG6881.jpg
高級感たっぷりの入口。

会合の会費でまかなわれているのでおいくらの懐石かはわかりませんが、プライベートでは来れないでしょうね(笑)

今日の会費は会社持ちなので、気兼ねなくいただきます♪


京薬膳懐石
先付・・・生ゆば、樋ゆば
CIMG6865.jpg
「樋(とい)ゆば」とは、生ゆばを切り落としたときに竹の棒に残ったものをいうようです。
生ゆばの食感に甘めの餡。生姜が全体を引き締めます。

前菜・・・薬膳食材の取り合わせ
CIMG6863.jpg
真ん中の梅型のものは、出汁をゼリー寄せにしたものに酒粕のムース(?)が挟んでありました。

椀物・・・すっぽん仕立てうなぎ鍋
CIMG6867.jpg
うなぎの白焼き、聖護院かぶら、粟麩などがすっぽんのお出汁とともに小鍋で炊かれています。

向付・・・甘鯛昆布〆とカニ寿司
CIMG6869.jpg
昆布で〆られてねっとりした食感の甘鯛(ぐじ)にカニの身のにぎり。
京料理に欠かせない甘鯛ですが、パソコンでは「ぐじ」でも「あまだい」でも変換できませんね

薦肴・・・ふぐあられ揚げ 京野菜朴葉みそ焼き
CIMG6872.jpg
九条ネギ、海老芋、京菊菜、椎茸、ふぐのあられ揚げ。
朴葉の上で適度に温まったうまみそでいただきます。最後の方はみそが焦げて香ばしくなり
さらにおいしい♪

添え・・・ふぐのとうとう身のみぞれ和え
CIMG6874.jpg
ふぐの皮と「とうとう身」を大根おろしで和えてあります。
「とうとう身」とはふぐの皮のすぐ内側にある身のことで、身皮(みかわ=三河 愛知県)のとなりにあることから、とうとう身(遠江 静岡県)と呼ばれるようになったという昔の人の洒落のようです。

鉢物・・・聖護院かぶら含め煮
CIMG6875.jpg
冬の京野菜の代表ですよね。胃腸を温め内臓を丈夫にするといわれています。

止・・・六穀米 京野菜雑炊
CIMG6877.jpg
六種類の穀物にお米を混ぜて、せり・うど・人参・九条ネギなどと一緒に雑炊にしています。
ふんわりととじられた玉子。自家製の漬物でサラサラっと一気にいただきました。

水物・・・パンナコッタとフルーツ
CIMG6880.jpg
自家製のパンナコッタにはマンゴーのソースが。後味さわやかです。

平成4年に20億をつぎ込んで建て替えられた数寄屋造りの本店は、きらびやかな豪華さではなく、
文化財のような厳かな感じがしました。

たぶん二度と来れないでしょう。いい思い出になりました(爆)ごちそうさま。


さて・・・・・・・・・・・・今日は月曜日、もちろん週末ではありません。














ですがっ!!

せっかく京都に行って、仕事がらみとはいえぬまおさんだけおいしいものを食べて「手ぶら」で帰るわけにはいきません。


みきおさんへのお土産を・・・

JR京都駅で途中下車し、時間がなかったので駅ビルの伊勢丹地下へ

一周まわってみて、一目惚れした京洋菓子司「ジュバンセル」さんの

さがの路
CIMG6884.jpg

笹の葉を広げると・・・
CIMG6885.jpg
レアチーズケーキを抹茶風味のお餅でくるんであります♪

緑風
CIMG6882.jpg

中身は・・・
CIMG6886.jpg
抹茶のスポンジの上に生クリーム&抹茶クリーム。こちらもお餅でくるんであります。

二つとも同じような食感なのですが、思いのほか(失礼!!)おいしい!!
時間がなくてあわてて選んだわりにはナイスな選択のようでした。

みきおさんもご満悦

「今日は別の記事をアップしてスィーツは週末に載せようか」と、ずるいことを考えたのですが、
正直者の2人、うそはつけませんでした

一部の読者の方の「突っ込み」を甘んじて受ける覚悟です(爆)

ごちそうさま


京懐石美濃吉本店 竹茂楼  京都市左京区粟田口鳥居町65
営業時間  昼 11:30~14:00  夜 17:00~22:00
        土日は昼のクローズなし


京洋菓子司 ジュバンセル  京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
                        JR京都駅ビル
営業時間  10:00~20:00


にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ ←ポチっと一押しお願いします♪
スポンサーサイト
23:49  |  グルメ(和食)  |  トラックバック(1)  |  コメント(4)

Comment

月曜から週末モードかいっ!
って、とりあえず突っ込んどきます(^^;)

京料理、良いですなぁ♪しかも会社持ちとは!!
うらやましい。。。
かずお |  2009.02.24(火) 07:02 | URL |  【編集】

>かずおさん
早速の突っ込み、ありがとうございます(笑)

山科から初めて市営地下鉄に乗ったり、
なかなか楽しい小旅行でした。
おいしいもんも食べれたしね。
ぬまお |  2009.02.24(火) 08:56 | URL |  【編集】

美味しそう!!羨ましいです~。
スィーツも笹の葉で包んで京都っぽいですね。

京都で美味しいお料理が食べたいと思うのですが、どこも高いし、どこへ行けば良いのか。。。
京都は近いのに未知の世界です!
ぶーこwithDANNA |  2009.02.24(火) 19:06 | URL |  【編集】

>ぶーこwithDANNAさん
そうなんですよね~、今回は会社関係の会合で
決まったところに行ったので良かったのですが、
自分で探すのは難しいですよね。
ぬまお家ではSAVVYやHanako、Richerなどで
飲食店を探すことが多いのですが、おしゃれな店は
あっても、渋い懐石料理店はあまり載ってないのですよ(笑)
ぬまお |  2009.02.25(水) 21:41 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://numaosan.blog103.fc2.com/tb.php/580-60a73a65

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

時は享保元年( 1716 年)、八代将軍徳川吉宗の時代に創業し、290年の歴史をもつ、京料理の伝統と革新を続ける『美濃吉』。 京都でも老舗の京...
2009/03/21(土) 16:14:51 | 北京のダーシーって誰よ!ブログ(Blog)

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。